ヌークについて

ヌークミルクローションは安全?成分効果と副作用危険度を徹底解析!

この記事ではヌークミルクローションの安全性について解説します。いくら効果のある除毛スプレーでも、肌に副作用が出てしまったら嫌ですよね…。

ヌークに含まれている成分の効果や、その副作用危険度を一覧でまとめたので、敏感肌の人は特にしっかりチェックしていって下さい!

成分名 効果 副作用危険度
チオグリコール酸Ca ケラチンたんぱく質に働きかけることで毛を分解します。毛に栄養がいかないよう抑制する効果もあるので、毛を細くして抜けやすくする作用もあります。
水酸化Na たんぱく質を溶かすので、毛を溶解する効果が期待できます。
POEセチルエーテル 非イオン界面活性剤であり、肌への刺激性が低いことで知られています。洗浄力は非常に高いです。
流動パラフィン ミネラルオイルとも呼ばれる成分であり、エモリエント作用、感触をよくする作用があります。
セテアリルグルコシド・セテアリルアルコール 成分同士の乳化を補助し、安定させます。また、感触をよくする作用もあります。
アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール エマルションの乳化をサポートし、感触をよりよくするために使用されています。
ジエチレントリアミン5酢酸5Na液 肌への刺激を抑えるとともに、製品の酸化を防止します。
キサンタンガム 増粘作用があり、食品添加物としても広く使用されています。
テトラへキシルデカン酸アスコルビル ビタミンC誘導体ですが、長時間肌に浸透するためにしっとりした感触を得られます。
ヒアルロン酸Na-2 保水力が非常に高く、肌にハリとみずみずしさをもたらします。
大豆エキス 角質層の潤いを保持する作用があります。ハリつやを感じる肌に整え、紫外線によるダメージを抑える効果があります。
アロエエキス-2 保湿効果とともに消炎効果もあるので肌荒れを防止します。紫外線吸収作用もあります。
シャクヤクエキス コラーゲン分解酵素増加をふせぎ、エイジング効果に期待が持てます。
オウゴンエキス 収れん作用、消炎・抗アレルギーさようがあります。美白作用もあり、除毛した後の敏感な肌の日焼けを防げるのも特筆すべき点です。
モモ葉エキス 保湿力が高く、抗酸化作用、収れん・抗菌作用もあります。刺激を緩和させるため、敏感肌の味方です。
タイムエキス-2 保湿、収れん、消炎作用のあるハーブであり、除毛した後の肌もきめ細かく整わせる効果があります。
ブクリョウエキス 肌をしっとり滑らかにする保湿効果を持ちます。炎症を抑え、皮膚を再生させる効果もあります。
BG 保湿剤として潤いを保持する効果が期待されます。また、防腐剤としての役割も持ち合わせています。
エタノール 優れた殺菌力を持ちます。
黄203 タール色素の一つ。医薬品にも使用される着色剤です。
香料 防腐効果とともに、リラックス・リフレッシュ効果を得ることもできます。

副作用危険度:当サイトの基準で評価

ヌークミルクローションに含まれている成分の効果と、その危険性について一覧にしました。

ヌークには副作用危険度の高いような成分は使われていないので、肌が弱い人でも安心して使うことが出来るはずです!

ただし、ヌークミルクローションは顔やデリケートゾーンのような敏感な部位に使うことは出来ないので、その点にはご注意下さい…。

これはヌークだけに限った話ではありませんが、一般に除毛スプレーや脱毛クリームはデリケートな部位には使うことが出来ないのです。

てんちむさんも、ヌークを使えないような部位は脱毛サロンでケアしていたようですしね。

安全性の高い除毛スプレーで肌をケアしたい人は、ヌークミルクローションを試してみてはいかがでしょうか?